読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おろしや国ひとり旅、確定す。

ロシアは、あれだけ大きくて歴史がある国なのに、どこかマイナーなイメージがある。
ソビエト社会主義共和国連邦という、閉じられた時代があったせいもあるけど、それにしたって崩壊したのは四半世紀も前だ。
とにかく、国の規模に対して情報が少なすぎる。
大きな書店でもロシアのガイドブックは「るるぶ」と「地球の歩き方」の2冊くらいしか置いていなかった。*1
私だけじゃなく、ロシア以外に住む多くの人にとっても、ロシアは未知の国じゃないだろうか。
そんな未知の国ロシアに行こうと、ある日突然、決めてしまった。
行く目的は当然、武術システマの創始者ミカエルに直に教えてもらうためだ。
私の脳内にあるロシアといえば、子供の時に好きだった漫画「聖闘士星矢」に出てくるキグナス氷河がロシア人だったとか、スト2でサンギエフで全ステージクリアすると最後にゴルバチョフが出てきたなあとか、そんな程度で、三次元ですらない。
つまり私は、「グランドラインのシステマ島」というファンタジーだったものを、現実世界の「海外旅行」にするべく、様々な手続きを踏まなければならないのだった。
モスクワに行けばシステマの創始者ミカエル教えてもらえるというわけではない。確実に教えてもらえるのは本部が公表しているセミナーの日だ。
私がモスクワ本部に行こうと決心したのは、B月の最終週。それから最短のセミナーの日程を調べたら、C月後半のセミナーがあった。
それはモスクワ市内で広い会場を貸しきって、世界各国から参加者が来る年に一度の大きなセミナーだった。
私が教わっている先生(理工系の南方アジア人留学生僧籍保有っぽい人。←いいかげん、略称を考えましょう。)はもちろんのこと、日本からも多くの人が参加する。
その人たちにお願いして、便乗してついて行くのが一番安全だった。けれど、それには大きな問題があった。
私が最後に海外旅行をしたのは2X年前。当然の事ながら、パスポートはとっくに失効していた。ついでに、海外旅行で必須といわれるキャッシュカードは一枚も持っていない。パスポート申請、ビザの申請、キャッシュカード作成、その他諸々。すべて0からの海外旅行。元ひきこもりの私の行動力でその大きなセミナーに間に合わせるのは相当厳しい。
そうなると、次のセミナーは翌月D月。それは、本部道場で行われるひっそりとしたセミナーで、日本人の参加者は、まず、いないと思われる。
無謀かな、と思ったけれど、それ以外に選択肢はなかった。それに、国際セミナーに参加するような人たちはインストラクターやベテランさんたちで、その中に一人まじっても私はついていけないことが明白だった。*2
一人での海外旅行。しかもツアー旅行でもなければ、現地に知り合いもいない。
元引きこもりコミュ障には、とてつもなくハードルの高い旅となってしまった。 

B月最後の稽古の日。
いつものように武道場には、ぽつぽつと参加者が集まっていた。稽古開始前特有の、ゆるやかに空間が暖まっていく時間だった。
先生を探すため、ぐるりと武道場を見回す。先生はウォーミングアップがプッシュアップ*3をしている最中だった。
これから稽古なのに、そんな体力、使わなくても…と、思わず「よっ!システマバカ一代!」とお囃子を飛ばしたくなる。
そんなシステマバカ一代こと先生はシステマの気分転換に柔術に通っていると言っていた。それって、気分転換なるのだろうか?
キュリー夫人が自身の物理研究に疲れると、高等数学を解いていたそうな。また、高橋留美子が連載漫画の息抜きのために、好きな漫画を描くらしい。そういう部類のことだろうか。
稽古前のこの時間に先生を探したのは、お囃子を飛ばすためではない。
誰にも告げずに一人でモスクワ行く予定だったけど、先生には礼儀として、報告しておこうと思ったからだ。
私はプッシュアップする先生の横に膝まづき「先生、私はB月にあるモスクワ本部のセミナーに参加しようと思っています。」とお庭番のようにひっそりと報告した。
ついでに「先生はB月のモスクワのセミナーに行きますか?」と付け加えた。返ってきた返事は案の定「NO」だった。
大きな国際セミナーに参加後に、小さなセミナーにわざわざ参加する可能性はまずないと思っていたので、別にがっかりもしなかった。
そして、そのあと、ふらふらと更衣室にいって、笑った。
「誰にも告げず一人で行く」ことにしておきながら、質問に「YES」が返ってきたら、あわよくば、先生にくっついていこうと思っていた。
がっかりはしなかったけれど、自分のぬるい決意にあきれて笑いしか出てこなかった。
更衣室の壁にある鏡を見たら、片眉をそり落とした大山倍達そっくりの笑い顔だった。

f:id:rice-eater00:20161202174438j:plain

いい年した甘ったれの根性を叩きなおすには、一人で海外に行くのはいいかもしれない。
いっそのこと、散ってこい!
私は、マス大山笑いを引っ込めて、武道場に戻った。
この日の稽古は台風が来ていて、参加者が少なかった。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 お返事はできませんが、なにか言いたい、聞いてほしいということがあったらなんでもどうぞ。もちろん、あなたがお話しした内容を第三者に言うことや公表することはありません。

なんでもフォーム

*1:探せば他にもあるかもしれません。

*2:もっとも私は、日本のセミナーでもついていけず、会場の端っこで固まってるけど。

*3:腕立て伏せ。システマは基本、拳立てです。