読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい拳の作り方 

システマ

私の通っているシステマのクラスは、ここ数回、「拳の正しい作り方」についてを念入りにやっている。
「拳を作る」というと、フルコンタクトの空手などは巻き藁を素手で殴って、手の皮を厚くしたりするやり方がある。(今でも、そのやり方をしているのか不明ですが。)
ステマの場合は、拳(正確には拳から肘まで)そのものを、一番強い形なるための練習をする。
拳が一番強い形になると、小さな力でも確実に相手に響く打撃ができたりする。
人の体は、ほんのちょっとの調整で、まるで別物になるのだから、不思議だ。

 システマは、「先端からの動き」を基本としている。
なので、拳も指先の先端から丸めて作る。
それは曲げる始まりが指先の先端からという意味で、第2関節からは曲げ始めない。
これが、結構、難しい。
先生に、拳を作るまでを「ゆっくりやってください」とリクエストして観察してみた。指先からゆっくりと、ゼンマイのようにくるりと丸まっていく様子は、理科の教材動画を見ているようで、なんだか面白くて、ずっと見ていたいと思った。 

ネットに上がっているシステマ動画を観ると、やわらかでダイナミックな動きで、相手を制圧するものが多い。
ステマを習ってみてわかったのは、そのやわらかでダイナミックな動きになるためには、精密かつ地味な稽古を積み重ねが下敷きにあるということ。
本来は、こういった地味な稽古を基礎の段階から念入りにした方がいいと思うけれど、もし、始めたばかりの人が、ひたすら拳を作る訓練ばかりしていたら、「習い事」として飽きてしまう可能性が高いと思う。(動画などのダイナミックな動きを見て、そのイメージを持って習いに来た人なら、なおさら。)
だから、教える側は楽しんでもらえるように、ある程度の娯楽性があるワークを意図的に織り込んでいるように感じる。
教える仕事って、ただ教えればいいだけではなく、エンターテイナーの要素も、時にはいるわけで、それは、とても大変なことだと思う。(教える分野にもよると思いますが。)
だけど、私のように、一つのことを静かに黙々とこなすタイプは、別に娯楽性は重要じゃなくて、むしろ、この地味さが心地よかったりする。
でも、世の中、黙々派は少数らしく、そちらのニーズに焦点を当ててはいられないようで、システマは毎回、にぎやかで情報量の多い稽古になっている。
そして、私は、その情報量についていけなくて、毎回あっぷあっぷして終わるのだった。 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 お返事はできませんが、なにか言いたい、聞いてほしいということがあったらなんでもどうぞ。もちろん、あなたがお話しした内容を第三者に言うことや公表することはありません。

なんでもフォーム